「歯科医院開業バイブル」を上梓しました

この度、デンタルタイヤモンド社より「歯科医院開業バイブル」を共著として上梓いたしました。

私は、「機材・備品の選定」と「人材採用」を担当させていただきました。

02

●  機材・備品の選定に際して知っておくべき3つの前提
●  機材・備品の分類
●  機材・備品の選定の第一歩
●  大型医療機器の選定のポイント
●  小型医療機器・歯科材料・インスツルメントなどの選定のポイント
●  価格交渉
●  機材・備品選定のスケジュールおよび、その他のポイント
●  機材・備品リスト
●  求人、採用を計画する

私自身は起業家であり、開業医ではないのですが。。。なぜかしょっちゅう開業相談を受ける中で蓄積されてきた知見に、開業して5年以内の歯科医師を始めメーカー、ディーラー、開業コンサルの担当者さんへのヒアリングを通じて得られた情報を重ねて執筆しております。素晴らしい共同執筆者の方々とご一緒でき、光栄でした。

開業を志す先生方、開業を支援する方々に是非、手にとっていただけますと幸いです。

歯科スタップ向けメディア dStyleがリニューアルしました

新年あけましておめでとうございます。今年も何卒よろしくお願い申し上げます。

新年に入りWHITE CROSSの姉妹サイトdStyleのメディアページがリニューアルオープンしました。

歯科衛生士さん・歯科助手さんは、歯科医師以上に情報の砂漠地帯にいます。(情報の砂漠地帯についてはこちら

そして、日本社会において歯科スタッフさんの仕事はますます重要になってきています。テクノロジーの力を活かし、歯科医療を前進させるというWHITE CROSSのビジョンに基づいて、dStyleでは2年前から、歯科スタッフさん向けの良質な記事を蓄積させてきました。

今回のリニューアルオープンによって、その蓄積が花開いていくタイミングに入ってきたと感じています。歯科スタッフさんが、誇りを持って働ける歯科医療界になるように、WHITE CROSSは今年も丁寧に仕事をすすめてまいります。

 

dstyle

 

画像をクリックで、リニューアルオープンしたdStyleへ

 

松本歯科大学にて講演をさせていただきました

今週の火曜日から水曜日にかけて、歯学部長の宇田川信之先生からいただいたご縁で、教職員の先生方向けの講演にて松本歯科大学にお伺いさせていただきました。

新宿から特急あずさで2時間半、塩尻の駅に降り立つと、美しい山並みとぶどう畑が出迎えてくれます。東京都心で生きている者にとって、この季節の信州の冷たさは、寧ろ心地良い透明感としてしみこんできます。

木とか土とか澄んだ空気とか・・・子供の頃当たり前だった物達に意識が向き、その存在を強く感じられるようになったのは大人になったからなのか、それとも無機質な都会で生きる田舎育ちだからなのか。いずれにせよ、普段閉じている感覚が開かれていく土地への出張は、仕事の中でも特に好きな時間です。

 

そんな素晴らしい自然に囲まれた松本歯科大学は、訪れる度にそのアカデミアとしての魅力を感じさせてくれます。

今回の講演では、「日本歯科医療のこれから」をタイトルに、2025年の日本の歯科医療の姿に、アカデミアへの期待を重ねて話をさせていただきました。各科の教授と医局員の先生方を前にお話をさせていただき、受け止めていただけたことは私自身にとっても素晴らしい経験になりました。

002

後会では、松本歯科大学の先生方の次世代の歯科医師を育てるために・・・日本社会において歯科医療がより良いものであるように・・・という強い思いを感じ、そのお考えに感銘を受けました。

東北大学時代の恩師や、UCLA時代にお世話になった先生とも再会させていただくことができ、私自身記憶に残る講演となりました。

お呼び立ていただいた宇田川先生、そして松本歯科大学に心からの感謝を申し上げます。ありがとうございました。

東京歯科大学同窓会「総合調査委員会シンポジウム」に登壇させていただきました

昨日、東京歯科大学水道橋キャンパスにて開催された、同大学同窓会東京地域支部連合会の総合調査委員会シンポジウムに登壇をさせていただきました。

『8020の向こう側』〜患者さんのQOLを考えた抜歯基準について〜というテーマにて、同大学の老年歯科補綴学講座教授の上田貴之先生と共演をさせていただきました。

アカデミアの素晴らしい先生との共演ということで、その胸を借りるつもりで臨ませていただきました。

上田先生のお話が実に素晴らしく、特に遺伝子情報、生活環境やライフスタイルにおける個々人の違いを考慮して疾病予防や治療を行うという新しい医療の考え方であるPrecision Medicine についてのお話には感動を覚えました。

お人柄も素晴らしく、素晴らしい先達にまた一人お会いさせていただくことができました。

000

 

 

私自身は、日本社会の変化と国策から見る「不健康期の抜歯基準」についてお話をさせていただきました。

002

私の専門である、歯科医学 × 経営学 の観点から、日本社会がどのような変化を迎えており、その中で医療・歯科医療がどのように変化していき、その上で「不健康期の抜歯基準」について、歯科医療界としてどのようなスキームを持って取り組んでいくべきかについてお話をさせていただきました。

005

2025年を目標に構築が進んでいる地域包括ケアシステムの時代において、歯科医療があるべき姿の中で、以下のようなスキームを提言させていただきました。

006

007

会場を巻き込んだディスカッションでも、多くのご質問をいただきました。

003

御共演くださった上田先生、同窓会総合調査委員会の諸先生方、診療後のお疲れの時間にご参加くださり私の拙い話に耳を傾けてくださった先生方に心からの感謝を申し上げます。

このような素晴らしい機会を与えてくださり、誠にありがとうございました。

東北大学星陵キャンパスの生協にて

私は東北大学歯学部出身です。卒業して10年を越え、LAにてもう一つの学生生活を経たこともあり、仙台での日々は遥か昔のことのようです。

遠く感じるからこそ、そこで学んだ日々の記憶は青さを帯び、愛おしく揺らぎます。そして、今は本学出身であることにはっきりと誇りを感じています。

 

歯学部は仙台の中心からほんの少し外れた星陵キャンパスという場所にあります。そこの生協には学生時代に何度通ったことか・・・少なからず思い出があります。

その生協に、拙書「日本歯科医療への提言」が置かれていることを、仙台で開業している同級生が教えてくれました。

001

母校の生協に、私と同級生の田代(WHITE CROSS副社長)の名前が書かれた書籍が置かれていることに、母校への感謝のような、これまでの日々の証明のような嬉しさを感じました。

卒業後、臨床医、留学、起業と強烈な速度で変化してきた環境とめまぐるしく過ぎていった日々を振り返ると、納得感のある生き方ができていると思えます。

まっ、こんな感じで、今後の人生も過ぎていくのでしょう。

「日本歯科医療への提言」が書籍になりました

この度、医歯薬出版社さんより「日本歯科医療への提言 — その社会的価値を高める成長戦略 —」を刊行いただきました。

https://www.ishiyaku.co.jp/search/details.aspx…

日本の歯科医療がもつ可能性ととるべき成長戦略を、可能な限り客観的かつ網羅的に描いています。歯界展望への年間連載に、2019年の骨太方針などの最新情報を加筆させていただきました。

日本国・国民、そして歯科医療従事者自身にとっての歯科医療の価値の向上を願い、心を込めて執筆いたしました。駄文ではございますが、お暇つぶし程度に手におとりいただけますと幸いです。

DENTAL CAREER SEMINAR

昨日、全国の歯学部の学生さんが集まって、卒後のキャリアについて考えるDental Career Seminar が東京医科歯科大学において開催されました。

Dental Career Seminar は、今年で5年目です。歯学部生の皆さんのこれからを考え、一般社団法人WHITE CROSS留学基金より、少額ですがスポンサーをさせていただきました。

 

昨年の記事: https://www.whitecross.co.jp/articles/view/890

 

私自身も「日本歯科医療を面として高めるキャリア」という演題で話をさせていただきました。

私が学生の頃は、歯科医療について情報を得ることが難しい時代でした。それがスマートフォンが当たり前の時代になり、歯科医師・歯科学生向けの情報がウェブ上で溢れている今、自分自身のキャリアについて考え始める時期が早まってきているように感じます。

参加者の歯学部生の皆さんの真剣さを見ていると、それはすごく良いことだと感じさせられました。

参加した学生の皆さんにとって、歯科医療に関わることが、その人生の幸せの彩りの一つとなることを心より願っております。

東北大学歯学部で講義させていただきました

東北大学歯学部は、副社長の田代と私の母校です。そして、歯科保存学分野の齋藤正寛教授からいただいたご縁で、今年で3年目となる学生講義にて、1年ぶりに本学を訪れました。

04

私と田代が同時にオフィスを離れる唯一のイベントが、母校に戻る時です。こちらは学生時代にたまに訪れていた仙台メディアテークの1Fのカフェです。

3.11後の復興の影響や、卒業してからの時間の流れもあり、仙台の街並みは大きく変わっています。青春時代の思い出が詰まった箱庭のどこ歩いていても、何かを思い出します。

本学では4年生を対象に「学生生活の先にあるもの」というタイトルで、講義をさせていただきました。

02

日本社会において歯科医師という仕事は非常に恵まれた素晴らしい仕事であり、これから歯科医師として巣立って行く世代は、その中でも特に恵まれた時代を生きていくことになります。ただ、人口動態の変化や地域包括ケアの時代に差し掛かるなど歯科医療を取り巻く環境が大きく変化していく時代を生きる彼らにとって、マクロの視点で今後何が起きるかを知っておくことは大切です。

歯科医療には夢と希望があることを知ってもらいながら、マクロ視点でのインプットを得てもらうことをゴールとした講義をさせていただきました。

03

そして、直後に5年生、6年生の希望者を対象とした特別講義を行います。こちらに参加される学生さんたちは1年前、2年前に私の講義を受けています。

そのため、歯科医師を対象に行っている普段の講演会レベルに視座を高めての講義です。参加地点で興味を持って参加してくれているため、非常に真剣に話を聞いてくれます。

 

講義の後は、学生さんと齋藤先生の医局員の先生方とでの合同での懇親会でした。

「赤司先生が女性歯科医師だったとしても、今と同じ道をあゆみましたか?」

「自分にあった研修先の選択の仕方をおしえてください。」

「留学をしたいのですが、どういう道があるでしょうか?」

「研究者になりたいです。」

「起業に興味があります。」

12年前の自分達がそこにいるような気がしました。そして、彼らよりほんの少し人生を長く生き、アドバイスをしている自分がいます。

01

齋藤先生のおかげで、講義した2年後に彼らがどう成長しているかを知ることもできました。

学生と真剣に向き合い、学部の発展に尽力する先生方がいて、真剣に未来を模索している学生さんたちがいて・・・東北大学歯学部は、そして歯科医療界は、今後ますます素晴らしく発展していくことでしょう。

本学に帰ると、初心に帰ることができます。真剣に問いかけてきてくれる学生さんたちと向き合うと、私達も恥ずかしくない生き方をしていきたいと思いました。

WHITE CROSSのサービス

WHITE CROSSのValueは、「我々は真摯さを最重視する」です。

そして、Value体現のための指針の1つ目が、「WHITE CROSSが生む価値のファンであれ」です。

これはメンバーの一人一人への、「WHITE CROSSのサービスに誇りを持って日々の仕事に取り組んで欲しい」という願いや、チームとして「そう思えるような仕事をしていこう」という思いが込められています。

WHITE CROSSは、歯科医院・歯科関連企業で働いてきたインサイダーと、歯科外で働いてきたビジネスプロフェッショナルの多様性とバランスで成り立っています。それぞれの事業部での仕事にやりがいや誇りを持ち、WHITE CROSSが全体として生み出す価値のファンであることが大切です。

私は、個々人が仕事の先に求めている人生の優先順位は、作り上げたい社会があるでも、精神的・経済的豊かさでも、家庭や大切な人を守ることでも・・・それは個人の自由で良いと考えています。ただ、その実現につなげる場としてWHITE CROSSを選んでもらえるのであれば、「WHITE CROSSが生む価値のファン」になってもらえるように、最善を尽くします。

前置きが長くなりましたが今回は、日本全国の歯科医療従事者にも、そしてもちろん社員自身にもファンになってもらいたいWHITE CROSSのサービス群ついて、その背景も含めて紹介していきます。

WHITE CROSS

2016年3月にサービスインしたWHITE CROSSは、歯科医師向けの東洋経済オンラインのようなイメージです。メインユーザーは歯科医師で、最新の歯科医療臨床、経営、ニュース、イベント情報などを蓄積、配信している歯科医療専門のウェブメディアです。

会社名を冠するこのサービス名の由来は、歯科医療従事者が纏う白色(歯、白衣、医療、清潔感)を交差させていくというものです。2014年LA時代、真夜中にベットに横たわっていた時、3次元に広がるネットワーク上で歯科医療従事者が行き来して交わりあっていく・・・そういう風景がフラッシュのように思い浮かんだことから生まれた名前です。

WHITE CROSS以外にも、WHITE CROSSROAD、WHITE CROSSFIELD、WHITE CROSSSTREETなどの候補があったのですが、常に一番シンプルなものを好む私の性格もあり、WHITE CROSSになりました。

また、DENTALを入れなかった理由として、「歯科医療はあくまで医療の一部であり、歯科のみにとらわれていては今後の時代の変化に、歯科医療産業全体がついていけない」という思いがあったからです。また、YouTube、Googleなど本来意味を持たない言葉が、人々にとっての意味を持つ言葉になって行ったこと。それこそが新しいブランドを作ることだと考えていました。

005

現在、日本には約10万人の歯科医師がいて、平均年齢は55歳を超えています。WHITE CROSSはウェブメディアですのでユーザーに最低限のITリテラシーが求められます。その結果、比較的若い歯科医師に利用されており、サービスインから約3年で55歳以下の歯科医師の約4.5人に1人が登録・利用し、他の歯科医療職を含めて月間で約50000人が利用しています。

私が起業した2015年、SNSの浸透による加速もあり世界レベルで情報の浸透性は高まり、世界中の出来事についての情報がその日のうちに得られる時代に入っていました。しかしながら、ニッチに歯科医師を含めた歯科医療従事者にとって、最新の歯科医療情報を得ることはまだ難しい時代でした。

過去投稿の「日本社会における歯科医療の価値」でも記載をしたのですが、現代の日本の歯科医療は大きな変革期を迎えようとしています。適切に変化していくためには、歯科医療従事者自身が適切な歯科医療情報に自由にアクセスできるようになることが必要不可欠であることは、2015年段階ですでに明確でした。

001

私はWHITE CROSSの役割を「日本の歯科医療界から情報の砂漠地帯をなくすこと」と表現しています。

2013年から2015年にかけてUCLAに留学していた当時、老若男女を問わずスマートフォンを持つ社会環境が整ってきており、今後ますます浸透することが目に見えていました。

002

WHITE CROSSの役割は、多くの歯科医療従事者が当たり前のようにアクセスできるテクノロジーの力を活かして、情報の砂漠地帯に水を張り、歯科医療情報という水滴を落として行くことを丁寧に積み重ねて行くことです。そしてそれを愚直に継続してきました。

003

その先に、日本社会が求める歯科医療を実現化させていけるような波を起こして行くことがWHITE CROSSのサービスとしての存在価値であると私は考えています。

004

WHITE CROSSを運営しているメディア事業部は、臨床経験がある。あるいは現役で臨床に出ている歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、そして歯科関連企業出身者で構成されています。

スマホで歯科医療情報を探していてWHITE CROSSを見つけ、作りたいと思っていた世界観があったため応募してきてくれたメンバーもいたりするなど、WHITE CROSSの存在価値を理解・共感してくれています。

dStyle

2018年4月にサービスインしたdStyleは、歯科衛生士・歯科助手など歯科スタッフをメインユーザーとしたウェブメディアです。

001

 

歯科スタッフは歯科医師以上に情報の砂漠地帯にいます。WHITE CROSSと同様に、学習意欲の高い歯科スタッフ向けに最新の歯科医療情報を蓄積・配信しています。こちらについてもメディア事業部が運営しており、サービスインから1年をかけてWHITE CROSSと同等のサイトパワーに成長してきています。

そしてdStyleでは、「歯科医院に、採用力を」「歯科で働く希望と可能性をあなたに」をスローガンに人材サービスを提供しています。

002

dStyleサービスそのもの通じて、クライアントとなる歯科医院に求職者にアピールするべきポイントを明確化していただき、魅力情報として蓄積して行く過程で、歯科医院の採用力を高めていただきます。

003

安定した職場で働いている歯科スタッフにとっては、歯科医療情報サイトとして機能します。それが一番良いことです。

その一方で、諸事情により転職が必要となった歯科スタッフにとっては、歯科医院が蓄積してきた「魅力情報」により、可能な限り長期的に勤務してもらえるような職場を見つけてもらいます。

Fotolia_68858513_S

またdStyleでは、一般社会や医科・看護では当たり前となっているエージェントサービスも提供しています。エージェントサービスにおいて大切なのは徹底した社内教育であり、キャリアエージェントとしての能力と、歯科医療への理解度の両方を高めて行くことが求められます。

前者については、一流の人材事業会社で素晴らしいキャリアを積んできたビジネスプロフェッショナルがメンバーとして複数名いるため、それぞれに小規模のチーム教育を行なっています。後者については、WHITE CROSSやdStyleに蓄積されている歯科医療教育コンテンツや記事情報が最良の教科書となります。また、歯科医院・歯科関連企業出身の社員による、社内勉強会も高頻度で行われています。

このような時間を通じて、エージェントも含めた人材事業部のメンバーは歯科医院にとって、そして求職者にとっての介在価値を正しく捉え、同時に歯科医療及び自社サービスに対する理解を深めていきます。

例え、求職者がdStyle経由で転職しなかったとしても、ウェブメディアに蓄積されている歯科医療情報を求職者に提供することで自社サービスのファンになってもらうことができます。実際に、「転職後も、WHITE CROSSの教育コンテンツを利用しています。」というお言葉をいただくことが最近増えてきています。

 

また、過去ブログの

004

で記載したように、WHITE CROSSは営利企業として、歯科専門の人材事業を行っています。お金を稼ぐこと自体は、企業として生き残っていく上で避けては通れないことです。とはいえ、既存の歯科人材の紹介などで売上をあげることだけに集中していくというのは宜しくないです。

歯科医療の魅力を一人でも多くに伝え、歯科で働く希望と可能性を知ってもらい、歯科で働いてもらう。そういう全体のパイを大きくしていくこともまた、歯科医療専門の人材事業をする企業としての責務です。

人材事業部は、歯科医院での勤務経験のあるメンバーと、歯科外で働いてきたビジネスプロフェッショナルの混成チームになっており、ともに素晴らしい活躍をしてくれています。

メンバーからは、「自社で転職しなければそれでお終い。という訳ではなく、WHITE CROSSやdStyleのメディアを利用してもらえる。」という言葉が聞かれます。

WHITE CROSS Channel

2017年6月、WHITE CROSSは業界初となるセミナーライブ配信サービスの提供を開始しました。

WHITE CROSS Live以前に日本歯科医療界において、オンデマンド配信や 1 to n でのサテライト配信はこれまでにもありましたが、1 to ∞ でのLive配信は存在しませんでした。

001

Live配信は、講師の先生の知財を守りながらその共有効率や知の単価を高めることができます。それと同時に、受け手の時間コスト・移動コストを下げることで学習単価を下げることもできます。なにより歯科医院単位で価値観や知を共有できる枠組みとして育てており、理想通りの使用法をしてくれている歯科医院さんも全国各地で増えてきています。

写真の使用許可をいただいた神奈川県の歯科医院さん

002

愛知県の歯科医院さん

003

鹿児島県の歯科医院さん

006

歯科医院での診療終了後に、ケータリングで食事を取りながら全員でセミナーに参加し、それぞれの立場から翌日からの臨床に取り入れるための意見出しやディスカッションも行っているとの話もいただきました。それこそが、歯科医院単位で新しい学びを患者価値に還元するための大切な一歩であり、様々な観点からこれからの時代にフィットする学びの姿の一つであると私は考えています。

この3枚の写真からも、上京してのセミナー参加と比較すると、各歯科医院数十万円レベルでコストが削減されている上に、歯科医院単位での価値がうまれていることがわかります。

無論、講師の先生にとってのご出演いただいた意義が高まることが必要不可欠です。そこについては徹底的に考え、ご納得いただけるシステムを組んでいます。

WHITE CROSS Liveは近日、WHITE CROSS Channelという名前に変わり、そのサービスを革新させて行く予定となっています。

各サービスの連動性

011

以上のサービス群はそれぞれにシナジーを持つため、これらを連動させており、実際にそれぞれ単体では生むことができない価値が生まれています。

それぞれの事業部での仕事へのやりがいや誇りに加えて、WHITE CROSSが全体として生み出す価値のファンでいられるようなサービス群を作り上げて行っています。

005

 

また、ユーザー目線で見た際に、3次元的に広がるインターネットの世界において、情報の一つ一つは星のようなものです。WHITE CROSSのサービス群は、ここに行けば、歯科医療従事者向けの情報を一通り得ることができる光の集合体を目指しています。

「歯科医療が日本社会の変化にあわせて適切に変化していくためには、歯科医療従事者自身が適切な歯科医療情報に自由にアクセスできるようになること」

WHITE CROSS以前に、当たり前だったこの不合理を、当たり前の合理に切り替えていく。それが、WHITE CROSSのMission「テクノロジーの力を活かし、歯科医療を前進させる」の持つ意味です。

そのためのValue・・・自社サービスのファンでいたい。自分自身の仕事にやりがいや誇りを持ちたいという方々に、是非ともWHITE CROSSの仲間になって欲しいと願っています。

 

私は、武田信玄の言葉「人は城、人は石垣、人は掘」を信じています。

社員は本当に大切な仲間であり、一緒に夢を追いかけることができる仲間です。そして、私は社員に恵まれています。

日本人歯科医師の留学事情

7月号のアポロニア21にて、日本人歯科医師の留学事情についてお話をさせていただきました。

001

WHITE CROSS留学基金の関わりもあり、歯科医療を俯瞰できる歯科医療人の育成の重要性や、日本歯科医療が最先端である領域。さらに、米国ビジネススクール及び歯科大学の留学にかかる費用や、留学先の選択基準についてお話をさせていただきました。

002

 

先日、日経新聞にて日米中韓の学生において、日本人学生の留学希望率が一番低く、内向的になってきているという記事がありました。

Get out of your comfort zone. の先に得られる学びは、人生を豊かにしてくれます。

個人的に留学についての相談を受けることも多いのですが、「価値のある留学をしようと思うと、その準備の段階から相当に厳しい競争に晒されることになりますが、その覚悟があるなら行くべきです。」とお伝えしています。

少なくとも、私自身は留学したからこそ今の人生があり、今の社員達や友人達と出会えました。経済的な費用対効果を考えると現時点ではなんとも言えませんが、精神的な費用対効果は抜群に高かったです。

今も楽しいのですが、LAでの2年間は、私の記憶の中で燦然と輝いている2年間でした。

まっ、それぞれの時代にそれぞれの良さがあります。未来に期待感を持ちながら、今を楽しんでいくことが大切です。