公園 木

WHITE CROSS の Mission, Vision, Value

ベンチャー企業において大切なのが、Mission, Vision, Value です。これらが企業の経済活動、社内外でのコミュニケーション、評価基準、一人一人の行動指針などに丁寧に織り込まれていく必要があります。

その積み重ねとして、会社としての強烈な組織文化が生まれて行き、その組織に真にフィットする人材が揃って行きます。

強烈な組織文化にフィットしない人材は、優秀であるかどうかなどとは関係なく、自然にその組織を立ち去ることになります。

無論、大企業においてもMission, Vision, Value は大切ですが、理念共感性が低い人材が多少なりともいたところで、既にエコノミクスが成り立っているため経営体を維持できます。しかし、ステージの浅いベンチャー企業にとっては、良くも悪くも一人の人材がもたらす影響が大きいため理念共感性が低い人材の悪影響は無視できない場合があります。

 

これは経営学を学ぶ度、ビジネス書を読む度に、幾度となく学んできたことなのですが、経営においてMission, Vision, Value が真に有用性が高いことを知ったのはWHITE CROSSを起業してからでした。

社内では、WHITE CROSSそのものを「Vehicle: ビークル」と呼んでいます。ビークルとは乗り物という意味で、 新しくメンバーになった社員にはWHITE CROSSという乗り物に、既存の社員と一緒に乗ってもらうことになります。

 

002

 

WHITE CROSSのMission, Vision, Valueは、上記の通りです。これを ビークルに重ねると、よりわかりやすくなります。

 

001

WHITE CROSSは、歯科医療に特化したヘルステックベンチャーです。

 

Mission: 「テクノロジーの力を活かし、歯科医療を前進させる」

Missionでは、WHITE CROSSと言うビークルが何のために存在しているかを示しています。ビークルの中心にあるのは、WHITE CROSSのコアバリューである良質な歯科医療情報の蓄積です。

WHITE CROSSでは、社内の歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科助手・歯科関連企業出身者などで編成されるメディア部がその臨床経験や知識を重ねて記事などの良質な歯科医療情報を発信・蓄積しています。また、臨床感覚を失わないためにも歯科プロフェッショナルメンバーには副業が許可されており、WHITE CROSSと歯科医院の両方で働いているメンバーもいます。

そして、金融、人材、歯科関連企業など様々なバックグランドからWHITE CROSSに参画した一流のビジネスパーソンが、会社の成長と歯科医療の前進につながる事業。つまりビークルを前進させるためのタイヤを作り、回転させて行きます。

そして、CTOを中心としたエンジニアチームは、タイヤを調整しながらビークルそのものをより優れたものへと作り上げて行きます。WHITE CROSSのサービス全体として今はまだまだですが、高速度走行をしても、適切にコントロールできるスポーツカーのようなビークルへと育て上げて行きます。

 

Vision: 「歯科医療の社会的価値を高める」

Visionは、WHITE CROSSが会社として成長の先に、実現させようとしている日本社会の姿であり、ビークルが走っていく明確な方向です。

日本歯科医療には、その社会的価値を高めながら日本国家・国民に貢献し、発展していける成長戦略が明確にあります。そのことは、「日本社会における歯科医療の価値」と言うタイトルで先日、当ブログに投稿しました。また、近く販売される拙書「日本歯科医療への提言」ではより網羅的に、日本歯科医療の成長戦略について描いています。

日本の歯科医療には、長年認識されていながら解決されていない課題が数多くあり、それらが生む非合理が当たり前として受け入れられています。WHITE CROSSはそれらの課題に取り組み、合理的な当たり前に置きかえていきます

そして、我々のサービスの目線の先にあるのは、歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、歯科助手など臨床現場の人々です。

 

Value: 「我々は、真摯さを最重視する」

Valueは、ビークルのエンジンに当たるWHITE CROSSの社員のあり方です。

「人は城、人は石垣、人は堀」です。大切にするべき人を大切にできない組織に、成長はないと私は信じています。また、同じビークルに乗る仲間に共有してもらう仕事観や価値観など、Valueは社員の人生に関わる非常に深いものです。様々なリソースの中で、ヒトだけが成長し、より強いエンジンになります。

 

そしてWHITE CROSSのValueは、5Autonomiesで構成されています。Autonomy(オートノミー)とは、自治、自律、自主性を意味します。WHITE CROSSが定義する”真摯さ”を体現のための 5つの指針が WHITE CROSS 5Autonomiesです。

これは医療専門職が他者の介入を待たずに自らを律し、持続発展させていくことを目指す概念 「Professional Autonomy(プロフェッショナル オートノミー)」のオマージュです。

 

001

一つづつ説明をしていきます。

#1 「WHITE CROSSが生む価値のファンであれ」

ビジネスを大きくしていくために大切なのは、臨床現場で働く歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科助手にWHITE CROSSのファンになってもらうことです。

しかしその前提として、社員自身が自社サービスの価値を信じてファンでいられることが大切であると私は考えています。これはマネジメント層が言葉を尽くして与えられるものではなく、当事者意識や生産性と敬意ある仕事の先に、社員一人一人の中に生まれる大切な感覚です。

WHITE CROSSのサービスは、歯科医療業界出身者の社員には分かりやすいものです。その一方で、他産業出身の一流のビジネスパーソンにも Mission , Vision, Valueについて理解してもらい、ファンになってもらえるように最善を尽くしています。

結果として、今のWHITE CROSSを支えている素晴らしいメンバーが集まっています。

#2 「真面目は美徳」

学生時代などにおいて、真面目であることは、ともすればダサいこととして受け止められるかもしれません。しかしながら、職業人として働き始めて以降は、真面目であることは美徳です。どこまで行っても、経済的に精神的に豊かになったとしても、ビジネスや私生活が華美である必要はありません。会社として質実剛健に、一般社会におけるモラルの高い会社として成長していくためには、WHITE CROSSのメンバーには一人一人が真面目であることが求められます。

#3 「勇気ある挑戦と、誠実な失敗を賞賛せよ」

WHITE CROSSでは、 Mission, Visionの方向性にそった勇気ある挑戦の背中を押し、仲間の成長を喜びとし、成果には更なる挑戦のステージを与えます。そして、誠実な失敗には、成果と等しい賞賛を与えます。

また採用においては、現在の能力の高さより、人間性と成長意欲を重視しています。

#4 「ゾウを追い出せ」

WHITE CROSSでは、なんとなく気づいており解消するべきだけど、踏み込むと都合の悪いことや面倒くさいことを “ゾウ”と読んでいます。”ゾウ”はぬらっとした負であり、放っておくとゆっくり近づいてきて、最後には踏みつけてくるため致命傷を追いかねません。「ゾウを追い出せ」というのは、そういうことに気づいた瞬間に、居心地の良さを捨ててでも、都合悪くても議題に上げて面倒くさがらずにチームで解消していくことを意味します。

WHITE CROSSでは、社内の風通しの良さを最重視しています。それでも、大なり小なり “ゾウ” が発生し続けます。メンバーの全員で、それぞれの立場から”ゾウ”と向かい合うことをAutonomyとしています。

#5 「遠くへ行くから、みんなで行こう」

大義と革新がない小利益を早期に求めたいなら、一人で行く方が良いでしょう。しかしながらWHITE CROSSは、小利益より大義、居心地良さより大義、そして大義ある革新と大利益を求めています。会社が大きくなっていくためには、一人の力では不可能です。

WHITE CROSSでの時間が、一人ひとりの人生にとって善いものであるように、社員同士は多様性を受け入れ、互いに善い人間であり、善いチームであることを心がけます。

 

真の意味でのチームワークだからこそできる仕事の先に、大義ある革新と大利益があると信じています。

 

図1

私が願っているのは、WHITE CROSSの成長と社員の幸せです。WHITE CROSSで過ごした時間が、その社員の人生において幸せの彩りの一つであって欲しいと・・・心からそう思います。

これは明確に言えることですが私や創業メンバーは、個々人の金銭的豊かさのためにWHITE CROSSを起業した訳ではありません。富を楽しむ心を持つことは大切ですが、富に溺れる心は持ち合わせていません。

また、Vision「歯科医療の社会的価値を高める」を達成するために、WHITE CROSSを上場させ、安定した公器として歯科医療の価値を広く社会に発信して行くことを目指しています。

 

WHITE CROSSのMission, Vision, Valueは、現時点では適切に浸透しており、私が各マネージャーと話をする時、マネージャーが各事業部メンバーと話をする時などは当然のこととして、各メンバー同士がお互いに注意・アドバイスし合う時や、WHITE CROSSの社内システムでお互いに連絡を取り合う場面にも浸透しています。

その結果として、WHITE CROSSらしい組織文化にフィットした人材が集まっており、メンバーが15名を越えた今も、風通しが良く、お互いを大切にし合う社風が生まれています。WHITE CROSSは、他のベンチャーと比較して、起業してからの4年間での離職率が異常に低い理由は、そこにあります。

 

また、ただの仲が良いだけではなく、代表の私を含め、忖度なしでアドバイスを受け、自己修正をして行く必要性がある社風になっています。その結果、私を含め幹部層は全員、「自分より優れた人材が現れたら、今のポジションを譲ります。」と言う言葉を口にしており、実際にそう言う姿勢を持っています。

WHITE CROSSのMission, Vision, Valueは、一朝一夕にできたものではなく、創業からの4年間をかけて、少しづつ積み重ねられてきたものです。そして、完成したものではなく、今後も時間と共に常に変化し、より幅広く深いものになって行くことでしょう。

 

図1

WHITE CROSSでは、理念共感し、ビークルに乗ってくれる仲間を募集しています。「なんとなく共感し、気になりました」と言うレベルからでも、WHITE CROSSに実際に接していただけますと嬉しいです。

ご希望の方には、Mission, Vision, Value について、熱を重ねてお伝えし、共感いただけるように私達も最善を尽くします。そして、それだけの価値が歯科医療にはあることをお約束します。

ぜひ、WHITE CROSSにジョインしていただきたいと願います。

投稿者:

赤司 征大 |Masahiro Akashi

赤司 征大 |Masahiro Akashi

WHITE CROSS株式会社 代表取締役 CEO  歯科医師/MBA