さくらナビ 〜歯科で働く希望と可能性をあなたに〜

近年、あらゆる産業において人材不足が叫ばれています。

013

それもそのはずで、近年、日本人の出生数は減少しています。この10年間で私たち歯科医療従事者が感じてきた「人材を採用できなくなってきた。」というのは、青色で囲まれた1990年から2000年にかけて生まれた歯科衛生士・歯科技工士・歯科助手についてのことです。

そして今年以降に社会人になる層は、赤の矢印、つまり2000年以降に生まれた世代になります。青色で囲まれている時代と比較して、出生数はさらに急減少し、若い労働者に支えられている歯科医院の人材不足は、今後さらに深刻になってきます。

実は、今後、歯科産業と他の産業との人材の奪い合いが加熱していきます。そこにおいて、18歳以下。つまり高校生に対して歯科医療の魅力を訴え、歯科医療の明日を担う人財になってもらうことが非常に大切になります。

 

他産業はすでに動いており、例えばトヨタ自動車の「TOYOTA 高校生向けリクルート」では、トヨタ男子・トヨタ女子のインタビューを、ものづくりの楽しさとともに、高校生に向けて発信しています。トヨタに限らず、多くの産業が同じように高校生に向けて情報発信しています。

01111

それでは、歯科医療は?と考えた時に、面として人財確保に取り組んでいる会社や業界団体がないな。。。と感じていました。

そうなると誰かやるのを待つのではなく、WHITE CROSSとして高校生に歯科医療の魅力を伝えていく取り組みをしていくことにしました。

003

その一歩として、日本の多くの高等学校で進路指導や進学ガイドとして使用されている「看護系・医療技術系の進学応援ブック さくらナビ 2019年度版」において、10ページ程度の枠を購入し、「今、歯科衛生士がアツい!! 歯科医療が注目されている理由」という特集をしていただきました。

このさくらナビは、多くの高等学校において進路指導に当たる先生方が看護師、理学療法士、介護士などの医療介護の専門職について知るための教本として、また、高校生のみなさんが自分の将来の仕事を探し、進学先をさがすためのガイドブックとして使われています。

002

日本の国家戦略である骨太の方針2019においても、「フレイル対策にもつながる歯科医師、歯科衛生士による口腔機能管理など歯科口腔保健の充実、入院患者への口腔衛生管理など・・・」という文言が組み込まれたように、歯科衛生士は今まさに日本社会の医療介護が提供される多くの場所で求められる、本当に素晴らしい仕事になってきています。

004

ところが、進路指導に当たる先生や高校生のみなさん、その保護者の皆さんにその情報が伝わっているとは言い切れないように感じます。

014

一人でも多くの高校生や進路指導の先生に歯科医療の魅力を知ってもらいたい。歯科医療専門職としての一歩を歩んでいただきたい。という思いで、この「さくらナビ 歯科大特集号」を、日本全国の高校に配布することにしました。

歯科医療は日本社会の基幹インフラに近い大切な医療で、今後の日本社会においてますます求められる医療です。一人でも多くの高校生に歯科医療を志してもらうことは、その本人のみならず国家・国民のためにもなります。

0101

歯科特集では、輝いている歯科衛生士さんや歯科技工さんへのインタビューも掲載しており、先輩の生の声も届けています。

008

こちらは全国の歯科衛生士・技工士学校の一覧です。

WHITE CROSSのもう一つの活動として、日本全国の我々の考えを理解してくださる歯科衛生士・技工士学校と協力して、dStyleのウェブメディアを通じて、高校生に現役の学生さんの声を届けようとしてます。

現に、dStyleには18歳以下のユーザーが数多くいらして、在校生の声ページを読んでいることがデータとして取れています。

 

012

 

「さくらナビ」というリアルの冊子、そして「dStyle」というウェブ媒体を通じて歯科医療の魅力を訴えていきます。

 

実は、さくらナビへの出稿や全国の高校への配布はかなりのお金がかかりました。正直、ビジネスにはなりません。

ただ、WHITE CROSSは営利企業として、歯科専門の人材事業を行っています。お金を稼ぐこと自体は、企業として生き残っていく上で避けては通れないことです。とはいえ、既存の歯科人材の紹介などで売上をあげることだけに集中していくというのは、我々のプリンシプルに反します。

歯科医療の魅力を一人でも多くに伝え、歯科で働く希望と可能性を知ってもらい、歯科で働いてもらう。そういう全体のパイを大きくしていくこともまた、歯科医療専門の人材事業をする企業としての責務だと、私は思っています。

「さくらナビ 歯科特集号」が一人でも多くの高校生の背中を押してくれることを・・・そして歯科医療界に一人でも多くの人財が集まってくれることを願っています。

サプライズで誕生日を祝ってもらう

昨日、6月12日は私の38歳の誕生日でした。

私のプライベートで周囲をざわつかせたくないため、いつも通りオフィスに出社して、仕事をして、帰るつもりだったのですが、社員がサプライズで祝ってくれました。

002

 

私が超コーヒー好きなのをしっていてくれて、コーヒー豆とケーキをいただきました。

あっ、、、人からの好意ってすごく嬉しいんだな。っと素直に思えました。& 流石に少しウルっときますね。

「早く行きたいなら一人で行け。遠くに行きたいのなら仲間と行け。」って言葉があるんですが、本当にそうだな。。。と思います。

この仲間となら行けるし、この仲間がいるから心が折れることもない。

そう思える時間でした。

 

最近、いろいろあって直接関わりがある人たちに対して “If you are happy, I’m happy.” というスタンスになっています。

社員の一人一人に幸せでいてほしい。その人生の彩りの一つが、WHITE CROSSで働いている時間であってほしい。心からそう願います。

WHITE CROSSを起業して本当よかった。

日本社会における歯科医療の価値

お会いする方から、「赤司さんは、歯科医療が大好きですね。何故そこまで、歯科医療の価値を信じ切れるのですか?」という質問を受けたことがあります。

私個人として歯科医療を大切に思っているというのは確かにあります。それ以上に、歯科医療が今後の日本国にとっての光となることへの確信があるからこそ、その価値を信じ、今の仕事ができています。

 

現在、日本国は超高齢社会に突入しており、高齢者率は継続的に高まっていきます。医療費増加には様々な理由があるのですが、国民一人当たりの医療費は年齢とともに急増します。

06

日本国の国民医療費・介護費は右肩上がりで増加しており、2015年度の国民医療費は42兆3644億円であり、その中で歯科医療費は2兆8000億円程度です。医科医療費や薬局調剤医療費と比較すると少額に見える歯科医療費ですが、今後の日本社会においてその役割はより重要なものになっていきます。

その背景にあるのは、医療そのもののパラダイムシフトです。日本経済が停滞するなかで、医療費の増加は重い負担となります。そこにおいて、如何に人々の健康寿命を伸ばし、医療費を抑制するか・・・それを面として可能にする日本社会を作り上げていくかが、現代日本社会の大切な課題となっています。

ここにおいて歯科医療は、

07

健康の入り口であり、全身健康に影響を及ぼしています。

101

そして、健康な高齢者に、社会経済活動に参加してもらうことが求められています。そこにおいて、高齢者の虚弱化(フレイル)をいかに防ぐかが大切になってきます。このフレイルの予防においても、歯科医療は大切な役割を果たします。

 

歯科医療への期待が高まっていることは、「経済財政運営と改革の基本方針」。つまり骨太の方針からも読み取れます。

2017年、歯科医療にとって歴史的な一文が組み込まれました。

09

 

そして、2018年、青字の部分が追加されました。

11

これは、口腔の健康が全身の健康につながっていることを、日本国が国策において明言したことを意味しています。

実は、口腔健康と全身健康のつながりを示す研究論文が世界で同時多発的に出てきています。歯周病と失明、心臓病、アルツハイマー病、関節炎、骨粗鬆症・・・あげるときりがありません。

臨床現場に立ったことがある歯科医師の目から見ると、それは当然のことと言えます。中度の歯周病があるということは、手のひらと同じ面積の慢性的な炎症があることを意味しています。口腔の病原性細菌や通常は無害な常在菌が、炎症から循環を通じて全身に回り、様々な病気の原因となっているのは、口腔と全身のつながりを考えると自然なことと言えます。

これは確信ですが、10年後の日本社会においては、「タバコは体に悪い」と同レベルで「口の健康を無視にすると、全身の病気になる」という常識が生まれています。

2025年を目標に構築されようとしている地域包括ケアシステム、そこにおいて活きるかかりつけ機能強化型歯科院、医科歯科連携の推進、口腔健康の全身影響の見出しによる口腔ケア・歯科検診の充実など・・・今、歯科医療は日本社会において、その役割を大きく変えていこうしています。

12

歯科医療が、この流れを上手く活かし、社会が求める歯科医療への変化できた時、現代日本社会の大切な課題

・ 如何に人々の健康寿命を伸ばすか

・ 医療費を抑制するか

・ それを面として可能にする日本社会を作り上げていくか

その全ての解決に深く関わることができ、国家・国民にとっての歯科医療の価値が高まって行きます。

 

私は、ビジネスサイドからこの流れを加速させて行きたいと願い、WHITE CROSS株式会社を起業しました。そして今日に到るまで、そしてこれからも、WHITE CROSSが運営する歯科医療従事者専用ウェブメディアを通じて、細分化された環境で働いている歯科医療従事者に、時流にあった様々な専門情報を発信しています。

そのためWHITE CROSSはIT企業にも関わらず、臨床経験のある歯科医師、歯科衛生士、歯科助手、歯科技工士が社員として活躍しており・・・ここは歯科医院か?という状況です。もちろん、ビジネスサイドを担う、一流企業から参画してくれた様々なビジネスパーソンもいます。

我々は、WHITE CROSSでの日々の仕事を通じて。歯科医療が今後の日本国にとっての光となることへの一助になれると信じています。

「ガイアの夜明け」の放送を終えて

ガイアの夜明けの放送を、無事に終えることができました。多くの歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、歯科助手の皆様を始め、歯科内外の方々から「見ました!」というメッセージをいただきました。本当に、ありがとうございました。

取材協力をいただきました、新浦安の栗林歯科医院の栗林研治先生、このような機会を与えてくださいました伊藤忠商事の担当者様、テレビ東京様、本当にありがとうございました。

011

WHITE CROSSの経営理念は「歯科医療の社会的価値を高める」です。

そして、我々はテクノロジーの力を活かして「歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、歯科助手など臨床現場の人々を支える黒子」として、歯科医療界において当たり前とされている非合理を、当たり前の合理へと置き換えていきます。

WHITE CROSSの行動原理は「臨床現場ファースト」であり、その先にある歯科医療の受け手である国家・国民に提供される歯科医療の質の向上をサポートし、その先に、国家・国民にとっての歯科医療の社会的価値の向上を目指しています。

日本歯科医療には、その社会的価値を高めながら日本国家・国民に貢献し、発展していける成長戦略があります。その成長戦略については、尊敬する先生からいただいたご縁で、歯界展望にて「日本歯科医療への提言」として書きしるさせていただきました。

010

こちらは、WHITE CROSS社員の必読教本にもなっております。

002

話を戻しますと、今年1月に伊藤忠商事にWHITE CROSSに資本参画いただく際、徹底的に共有させていただいたのが、WHITE CROSSの経営理念と国家・国民価値のある歯科医療の成長戦略についてでした。

伊藤忠商事の売上高は5兆5000億円、2018年度の当期純利益は5000億円を見込んでいます。日本の歯科医療市場規模は、自費治療を含めて3兆円から3兆5000億円と推計されています。我々の市場そのものより遥かに大きなエコノミクスの力を、歯科医療市場に適切に活かして行くことは、

「国家・国民にとっての歯科医療の社会的価値の向上」

「歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、歯科助手など臨床現場の人々の光ある未来」

の両方に明確に繋がり、歯科医療の成長戦略の実行に寄与することになります。

003

巨大なエコノミクスと連携しながら、「臨床現場ファースト」のサービスを構築していくために、WHITE CROSSの社内には、臨床経験のある歯科医師、歯科衛生士、歯科助手、歯科技工士、そして歯科医療産業出身者などが多数在籍しており、各自の経験を活かし、日々、仕事に取り組んでいます。

005快く取材協力してくださった栗林先生。本当にありがとうございました。

008

009

ありがたいことに、最近では多くの臨床現場の皆様から、期待を込めて「こういう取り組みはできないか」「歯科医療界はこうすればもっと良くなるのではないか」という声をいただけるようになりました。

私は、歯学部で歯科医学を学問として学び、歯科医師として臨床現場にて実践してきました。その臨床経験を通じて感じた違和感や非合理を当たり前の合理に変えるため、そして歯科医療が日本社会においてその価値を高めながら産業として成長していく戦略を模索するために、ビジネススクールにて経営学を学問として学び、経営者として実践する傍ら、医療ジャーナリストとして執筆・講演をしてまいりました。

起業して4年。少しづつですが社員という仲間ができ、WHITE CROSSにご期待・ご共感いただき、お力添えいただける臨床現場の皆様が増えてきていることに、心からの感謝を申し上げます。

004

お陰様で、今回のガイアの夜明けでは、WHITE CROSSとd.Styleについてかなり丁寧に取り扱っていただくことができました。

その一方で、WHITE CROSS、そして私自身も、地に足をつけ続けなければいけません。こういう時が一番危険であり、気を引き締めております。

「国家・国民にとっての歯科医療の社会的価値の向上」

「歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、歯科助手など臨床現場の人々の光ある未来」

のための布石の一枚になるためにも、変わることなく日々、微力をつくしてまいります。今後ともWHITE CROSSを何卒よろしくお願い申し上げます。

大学時代の恩師にお会いさせていただきました

私と副代表の田代は、東北大学歯学部の同級生です。

先日縁あって、私達の学生時代に教鞭をとっていただいた笹野高嗣先生と仕事を通じて再会させていただきました。

当時、歯学部付属病院長であり口腔診断学分野の教授であった笹野先生は、雲の上の存在でした。その感覚は今でも変わりありません。

卒業して10年以上を経て、お会いさせていただくと、今となって分かるその当時を振り返っての感謝や学生時代の青さを思い出します。そして、懐かしさと共に、卒業後に歩んできた時間を思い返します。

 

先生は、当時と変わらず、雅量を持って接してくださいました。本当に、自分たちは素晴らしい師に恵まれた環境で、青春時代を過ごしていたのだな。。。と。

「よい教え子、後輩をもって教師冥利につきます。」というもったいない言葉をいただきました。嬉しくも、現時点で正面からいただける言葉ではなく、今後の10年、20年を経て、本当にそう言っていただける自分たちになればと思います。

恩師や本学の名に恥じないように、今の仕事を通じて歯科医療の社会的価値の向上に貢献をしていきたいと切に願います。

初心にかえる良い機会でした。

PRESIDENTでのインタビューが掲載されました

本日発売のプレジデント誌にて、インタビューを掲載していただきました。歯科医師として表紙タイトルだけを見ると「ぐむむっ!」となるのですが、内容自体は歯科医療を、概ね真っ当にとらえていると思います。

 

例えばタイトルが『知っておくと得する歯科医療』とかであれば、日本中の歯科医院でパウチされたりして今でも大切に待合室に置かれている2012年11月12日号の『「リタイヤ前にやるべきだった・・・」後悔トップ20』のように、日本中の歯科医院の待合室に長く大切に置かれるものになったかもしれないな・・・とか思います。

02

私自身は、現代の歯科医療の全体像についてインタビューを受けましたので、

・ ニーズの変化

・ 口腔の全身健康への影響が世界的に認知され始めていること

・ Experience Based Dentistry と Evidence Based Dentistryの価値

・ 顕微鏡歯科治療において日本は世界の歯科医療をリードしていること

・ 歯科医療が歯科のみで完結する医療の提供に集中する歯科村をでて、「医療の中の歯科医療」に変化していく社会的必要性

・ 今後も歯科医師がAIや機械にとって変わられることはありえないこと

などについて話をさせていただきました。

 

個人的には、元内閣官房内閣審議官の香取照幸さんの「予防医療で医療費は削減できるのか」という記事が良かったです。私自身、『日本歯科医療への提言 #2 医療・歯科医療のこれから 』において、”「予防・健康管理」については、実は、明確な経済効果が測定されておらず、エビデンスがない施策とされている。”と記載しました。その一方で、人生100年時代を迎える日本国においては無視できない施策であり、医療の最適化と共に推進されるべき施策です。そういう意味合いで、多くの歯科医療従事者に、大切な視点として読んでいただきたい良記事と感じました。

 

私はメディアに出させていただく際に、「一部のモラルハザードが極端にとりあげられてしまうのが医療ですが、歯科医師の大半は真摯に生きており、歯科医療が良いものであってほしいと願っている。」という事実を伝えるようにしています。

一部理解に苦しむ記事もありましたが、全体として、歯科医療に対する社会からの風向きが少しづつ良い方向に変わってきているな・・・と感じられます。

ポジショントークではなく、歯科医療への社会からの期待は高まってきています。歯科医療界として適切に変化していくことが求められています。

日本歯科医療への提言 ”歯科医療という日本国の光”

歯界展望3月号に「日本歯科医療への提言」の最終回を掲載いただきました。

最終回では、昨年の骨太の方針に盛り込まれた医科歯科連携が与える歯科医療の変化について描き、筆を置かせていただきました。

私が描いてきた日本歯科医療が取るべき成長戦略は、今まさに国家・国民から求められている健康寿命の増進・医療費抑制に寄与するものでした。そしてそれは、歯科医療の社会的価値を高めながら、日本国に貢献していける素晴らしい道です。後は、歯科医療界としての実行力の問題です。

IMG_1962

歯科医療界の総意が、日本歯科医療から日本社会への適切な提言となり、歯科医療が日本国の光となることを願います。

ありがたいことに「日本歯科医療への提言」は、書籍として出版いただけることになりました。このような機会を与えてくださった医歯薬出版の担当者の上田様。縁を結んでくださった船登彰芳先生に心からの感謝を述べさせていただきます。

1年間、ありがとうございました。

南青山にオフィスを移転しました

2月18日、WHITE CROSS株式会社は表参道から、南青山に移転しました。

もともと弊社は、CFOの井上のオフィスを間借して、そこからスタートをしました。社員が増える&3年前に1名離職して以降、誰も辞めていないことなどもあり、最後は12席に対して15名が働いているというパツパツ状態でした。

18日は、朝から総出で引越しでした。デスクなどは間借していた関係からそれほど持っていなかったので、バンを1台レンタルして荷運びです。

001

002

エントランスには、近日、WHITE CROSSのロゴが入ります。

003

各機能毎にアイランドが作られています。

004

006

廊下を隔てたMeeting Room。

翌19日には新オフィスで初めての全体Meetingが行われ、WHITE CROSSのMission, Vision, Value の再確認。これから人数が一気に増えてくる中で注意するべき点の確認や、各事業部からの報告などが行われました。

005

今はガラッとしていますが、これから1年程度でこのオフィスでも場所が足りないという状況まで各事業を成長させていきます。

質実剛健に精進してまいりますので、今後ともWHITE CROSSを何卒よろしくお願い申し上げます。

高等学校での職業説明会

歯科医療職へのイメージについて、その実態と世間からイメージに多少なりともギャップがあるように思います。

ということで、関東圏の高等学校の職業説明会にて、弊社社員が歯科医療職の魅力について話をさせていただきました。

残念ながら私は参加できなかったのですが、弊社人材事業主任かつ人事の永畑とメディア部の歯科医療ジャーナリストで現役歯科衛生士の森が参加させていただきました。

IMG_5348

参加した高校生の皆さんは真剣に耳を傾けていたとのことでした。この中から一人でも、歯科医療を選択していただけたらと願います。

 

現在の日本において若年労働者数は急減少を始めています。小さな一言がクレームになることがあり、多くの専門用語が飛び交う。その上で、一人2役3役のチームワークが求められる歯科医院の業態を考えると、業界としてのJapanese Native人材の確保は、歯科医療という国民の健康を入り口から守る公共財の維持において必要不可欠です。(それは、Japanese Nativeのみが必要という意味合いではありません。私の友人には、日本の歯科医院で活躍する外国籍の方もおられ、その素晴らしい言語力やホスピタリティを活かして日々活躍されています。あくまで、割合の問題としてという意味です。)

現在、産業間での人材の奪い合いは激化しており、高校生を対象としたリクルート活動を始めている産業もあります。

また、歯科医療職は日本社会で生きていく上で、素晴らしい職の一つです。

歯科医療業界団体により組織的に全国の高校にアプローチして、歯科医療職の魅力を訴えて、リクルートをしてくれたら・・・と願います。

WHITE CROSS留学基金について

2019年1月、私どもがWHITE CROSS株式会社を起業した時からの目標の一つであった、一般社団法人WHITE CROSS留学基金を、共同代表理事の田代と共に設立いたしました。

その活動目的は、グローバルな視点で歯科医療を通じて、日本社会の発展に貢献する次世代の歯科医療人を育成することを目指した奨学金制度の運営であり、歯科医療人のMBA留学と歯科大学留学を支援していきます。

設立の背景や、MBA留学奨学金からスタートさせた理由、そして私の個人的な理由について描かせていただきます。

 

設立の背景

私は日本歯科医療は、医療の中の歯科医療として、生きる力を支える医療として国家・国民に貢献できる非常に大きな可能性を有していると感じていました。

ご縁をいただき、2018年から歯界展望にて「日本歯科医療への提言」という年間連載をさせていただきました。そこにおいて、私は日本歯科医療の社会的価値の向上を前提とした成長戦略を描いてきました。その結果、見えてきた日本歯科医療の方途は、まさに健康寿命の増進・医療費抑制に大きく寄与するものでした。

今の歯科医療界に必要なのは、未来への意思決定権を持つ年配層とこれからの時代を担う若手層との「協調」、そして成長戦略の「立案・実行力」であると私は考えています。歯科医療が皆保険制度に組み込まれている日本国においては歯科外との折衝が必要不可欠となります。そこにおいて歯科医療に軸足をおきながら、日本および歯科医療の枠を越えた視座と政治経済についての知見を持ち、歯科医療を通じた日本社会の発展や日本国の成長戦略の立案・実行を担える人材の育成が必要不可欠となります。

プロパーで「立案・実行力」を担う人材を育ててきた先人達のあり方は尊重するべきであり、現に素晴らしい人財がおられます。そのような方々と協調して、学府において、歯科医師会・歯科医師連盟・歯科衛生士会・歯科技工士会などの業界団体において、そして歯科医療関連ビジネスにおいて、独自の知見を持って成長戦略の実行を担える人材の育成を目指して、WHITE CROSS留学基金は立ち上げられました。

 

MBA留学奨学金からスタートした理由

私は、歯科医師として5年間の臨床経験を積んだ後に、MBA留学をしました。UCLAでの2年間は、私自身の人生において燦然と輝く、素晴らしい学びの連続でした。また、日本社会そして日本歯科医療を客観視し、その可能性と自分に何ができるかを考え続ける時間でした。

001

日本の歯科医療従事者の大半は真面目に生き、歯科医療を大切に思い、それぞれの立ち位置から歯科医療を通じた社会への貢献に尽力しています。

帰国してからの3年半の間に、歯科医療がより良いものになって欲しいという願いを持つ多くの歯科医療人に出会いました。そのような方々が、もしMBA留学を経験して帰国し、歯科医療を通じた日本社会の発展に貢献したなら、歯科医療の社会的価値が向上するのではないかとワクワクします。

それ故に、MBA留学奨学金からスタートいたしました。

今後、選考基準を丁寧に組み上げながら、臨床医の歯科大学留学奨学金も運営して行く予定です。

 

個人的理由

私が留学を開始した2013年は、アベノミクスにより為替が大きく変動した時代でした。資産の目減りにより資金不足に陥り、授業料が払えなくなりかけた時、Nozawa Scholarshipという奨学金(LAで家電流通ビジネスで成功された野沢御夫妻の寄付によりできた日本人の私費留学生を対象とした奨学金)をいただき卒業することができました。(その時のストーリー

その時に、少なくともこの数倍を個人として社会に還元することを決めました。卒業して数年が経過し、私自身道半ばの未熟者ではありますが、向こう3年間、年に一人、Nozawa Scholarshipと同額であればと思い、WHITE CROSS共同創業者の田代と共に設立しました。

基金を続けられるように生きていくことはまた、私自身への良いモチベーションにもなります。

志のある歯科医療人の皆さんに、ぜひ留学に挑戦してもらいたいと願っています。

留学基金ホームページへはこちらから

 

* 歯科大学留学奨学金について、WHITE CROSS留学基金のホームページで 「対象基準は検討中です。決定後に当ページにて情報更新をいたします。決定前のお問い合わせには対応いたしかねますので、お控えいただけますと幸いです。」と記載していたのですが、複数の問い合わせをいただきました。お問い合わせに対応しないという行為は礼節を欠き本望ではないため、一旦ホームページ上では非表示とさせていただいております。何卒ご了承ください。