ガイアの夜明けにて弊社の取り組みが紹介されます

4/23(火)22:00〜放送の『ガイアの夜明け』(テレビ東京系)にて、弊社WHITE CROSSと伊藤忠商事の取り組みが取り上げられます。

https://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/?fbclid=IwAR2F-lWVVCdMASt1bQCS1jpqKKoJZ8VdPxgNqjUTP034eLEocmNNpb01GmU

オフィシャルページに飛んでいただき放送予告の「続きを読む」をクリックいただくと、弊社オフィスでのミーティングの様子が表示されます。

出演の長さは当日まで分かりませんが、お時間が許されるようでしたらご覧いただけますと幸いです。

大学時代の恩師にお会いさせていただきました

私と副代表の田代は、東北大学歯学部の同級生です。

先日縁あって、私達の学生時代に教鞭をとっていただいた笹野高嗣先生と仕事を通じて再会させていただきました。

当時、歯学部付属病院長であり口腔診断学分野の教授であった笹野先生は、雲の上の存在でした。その感覚は今でも変わりありません。

卒業して10年以上を経て、お会いさせていただくと、今となって分かるその当時を振り返っての感謝や学生時代の青さを思い出します。そして、懐かしさと共に、卒業後に歩んできた時間を思い返します。

 

先生は、当時と変わらず、雅量を持って接してくださいました。本当に、自分たちは素晴らしい師に恵まれた環境で、青春時代を過ごしていたのだな。。。と。

「よい教え子、後輩をもって教師冥利につきます。」というもったいない言葉をいただきました。嬉しくも、現時点で正面からいただける言葉ではなく、今後の10年、20年を経て、本当にそう言っていただける自分たちになればと思います。

恩師や本学の名に恥じないように、今の仕事を通じて歯科医療の社会的価値の向上に貢献をしていきたいと切に願います。

初心にかえる良い機会でした。

PRESIDENTでのインタビューが掲載されました

本日発売のプレジデント誌にて、インタビューを掲載していただきました。歯科医師として表紙タイトルだけを見ると「ぐむむっ!」となるのですが、内容自体は歯科医療を、概ね真っ当にとらえていると思います。

 

例えばタイトルが『知っておくと得する歯科医療』とかであれば、日本中の歯科医院でパウチされたりして今でも大切に待合室に置かれている2012年11月12日号の『「リタイヤ前にやるべきだった・・・」後悔トップ20』のように、日本中の歯科医院の待合室に長く大切に置かれるものになったかもしれないな・・・とか思います。

02

私自身は、現代の歯科医療の全体像についてインタビューを受けましたので、

・ ニーズの変化

・ 口腔の全身健康への影響が世界的に認知され始めていること

・ Experience Based Dentistry と Evidence Based Dentistryの価値

・ 顕微鏡歯科治療において日本は世界の歯科医療をリードしていること

・ 歯科医療が歯科のみで完結する医療の提供に集中する歯科村をでて、「医療の中の歯科医療」に変化していく社会的必要性

・ 今後も歯科医師がAIや機械にとって変わられることはありえないこと

などについて話をさせていただきました。

 

個人的には、元内閣官房内閣審議官の香取照幸さんの「予防医療で医療費は削減できるのか」という記事が良かったです。私自身、『日本歯科医療への提言 #2 医療・歯科医療のこれから 』において、”「予防・健康管理」については、実は、明確な経済効果が測定されておらず、エビデンスがない施策とされている。”と記載しました。その一方で、人生100年時代を迎える日本国においては無視できない施策であり、医療の最適化と共に推進されるべき施策です。そういう意味合いで、多くの歯科医療従事者に、大切な視点として読んでいただきたい良記事と感じました。

 

私はメディアに出させていただく際に、「一部のモラルハザードが極端にとりあげられてしまうのが医療ですが、歯科医師の大半は真摯に生きており、歯科医療が良いものであってほしいと願っている。」という事実を伝えるようにしています。

一部理解に苦しむ記事もありましたが、全体として、歯科医療に対する社会からの風向きが少しづつ良い方向に変わってきているな・・・と感じられます。

ポジショントークではなく、歯科医療への社会からの期待は高まってきています。歯科医療界として適切に変化していくことが求められています。

日本歯科医療への提言 ”歯科医療という日本国の光”

歯界展望3月号に「日本歯科医療への提言」の最終回を掲載いただきました。

最終回では、昨年の骨太の方針に盛り込まれた医科歯科連携が与える歯科医療の変化について描き、筆を置かせていただきました。

私が描いてきた日本歯科医療が取るべき成長戦略は、今まさに国家・国民から求められている健康寿命の増進・医療費抑制に寄与するものでした。そしてそれは、歯科医療の社会的価値を高めながら、日本国に貢献していける素晴らしい道です。後は、歯科医療界としての実行力の問題です。

IMG_1962

歯科医療界の総意が、日本歯科医療から日本社会への適切な提言となり、歯科医療が日本国の光となることを願います。

ありがたいことに「日本歯科医療への提言」は、書籍として出版いただけることになりました。このような機会を与えてくださった医歯薬出版の担当者の上田様。縁を結んでくださった船登彰芳先生に心からの感謝を述べさせていただきます。

1年間、ありがとうございました。

南青山にオフィスを移転しました

2月18日、WHITE CROSS株式会社は表参道から、南青山に移転しました。

もともと弊社は、CFOの井上のオフィスを間借して、そこからスタートをしました。社員が増える&3年前に1名離職して以降、誰も辞めていないことなどもあり、最後は12席に対して15名が働いているというパツパツ状態でした。

18日は、朝から総出で引越しでした。デスクなどは間借していた関係からそれほど持っていなかったので、バンを1台レンタルして荷運びです。

001

002

エントランスには、近日、WHITE CROSSのロゴが入ります。

003

各機能毎にアイランドが作られています。

004

006

廊下を隔てたMeeting Room。

翌19日には新オフィスで初めての全体Meetingが行われ、WHITE CROSSのMission, Vision, Value の再確認。これから人数が一気に増えてくる中で注意するべき点の確認や、各事業部からの報告などが行われました。

005

今はガラッとしていますが、これから1年程度でこのオフィスでも場所が足りないという状況まで各事業を成長させていきます。

質実剛健に精進してまいりますので、今後ともWHITE CROSSを何卒よろしくお願い申し上げます。

高等学校での職業説明会

歯科医療職へのイメージについて、その実態と世間からイメージに多少なりともギャップがあるように思います。

ということで、関東圏の高等学校の職業説明会にて、弊社社員が歯科医療職の魅力について話をさせていただきました。

残念ながら私は参加できなかったのですが、弊社人材事業主任かつ人事の永畑とメディア部の歯科医療ジャーナリストで現役歯科衛生士の森が参加させていただきました。

IMG_5348

参加した高校生の皆さんは真剣に耳を傾けていたとのことでした。この中から一人でも、歯科医療を選択していただけたらと願います。

 

現在の日本において若年労働者数は急減少を始めています。小さな一言がクレームになることがあり、多くの専門用語が飛び交う。その上で、一人2役3役のチームワークが求められる歯科医院の業態を考えると、業界としてのJapanese Native人材の確保は、歯科医療という国民の健康を入り口から守る公共財の維持において必要不可欠です。(それは、Japanese Nativeのみが必要という意味合いではありません。私の友人には、日本の歯科医院で活躍する外国籍の方もおられ、その素晴らしい言語力やホスピタリティを活かして日々活躍されています。あくまで、割合の問題としてという意味です。)

現在、産業間での人材の奪い合いは激化しており、高校生を対象としたリクルート活動を始めている産業もあります。

また、歯科医療職は日本社会で生きていく上で、素晴らしい職の一つです。

歯科医療業界団体により組織的に全国の高校にアプローチして、歯科医療職の魅力を訴えて、リクルートをしてくれたら・・・と願います。

WHITE CROSS留学基金について

2019年1月、私どもがWHITE CROSS株式会社を起業した時からの目標の一つであった、一般社団法人WHITE CROSS留学基金を、共同代表理事の田代と共に設立いたしました。

その活動目的は、グローバルな視点で歯科医療を通じて、日本社会の発展に貢献する次世代の歯科医療人を育成することを目指した奨学金制度の運営であり、歯科医療人のMBA留学と歯科大学留学を支援していきます。

設立の背景や、MBA留学奨学金からスタートさせた理由、そして私の個人的な理由について描かせていただきます。

 

設立の背景

私は日本歯科医療は、医療の中の歯科医療として、生きる力を支える医療として国家・国民に貢献できる非常に大きな可能性を有していると感じていました。

ご縁をいただき、2018年から歯界展望にて「日本歯科医療への提言」という年間連載をさせていただきました。そこにおいて、私は日本歯科医療の社会的価値の向上を前提とした成長戦略を描いてきました。その結果、見えてきた日本歯科医療の方途は、まさに健康寿命の増進・医療費抑制に大きく寄与するものでした。

今の歯科医療界に必要なのは、未来への意思決定権を持つ年配層とこれからの時代を担う若手層との「協調」、そして成長戦略の「立案・実行力」であると私は考えています。歯科医療が皆保険制度に組み込まれている日本国においては歯科外との折衝が必要不可欠となります。そこにおいて歯科医療に軸足をおきながら、日本および歯科医療の枠を越えた視座と政治経済についての知見を持ち、歯科医療を通じた日本社会の発展や日本国の成長戦略の立案・実行を担える人材の育成が必要不可欠となります。

プロパーで「立案・実行力」を担う人材を育ててきた先人達のあり方は尊重するべきであり、現に素晴らしい人財がおられます。そのような方々と協調して、学府において、歯科医師会・歯科医師連盟・歯科衛生士会・歯科技工士会などの業界団体において、そして歯科医療関連ビジネスにおいて、独自の知見を持って成長戦略の実行を担える人材の育成を目指して、WHITE CROSS留学基金は立ち上げられました。

 

MBA留学奨学金からスタートした理由

私は、歯科医師として5年間の臨床経験を積んだ後に、MBA留学をしました。UCLAでの2年間は、私自身の人生において燦然と輝く、素晴らしい学びの連続でした。また、日本社会そして日本歯科医療を客観視し、その可能性と自分に何ができるかを考え続ける時間でした。

001

日本の歯科医療従事者の大半は真面目に生き、歯科医療を大切に思い、それぞれの立ち位置から歯科医療を通じた社会への貢献に尽力しています。

帰国してからの3年半の間に、歯科医療がより良いものになって欲しいという願いを持つ多くの歯科医療人に出会いました。そのような方々が、もしMBA留学を経験して帰国し、歯科医療を通じた日本社会の発展に貢献したなら、歯科医療の社会的価値が向上するのではないかとワクワクします。

それ故に、MBA留学奨学金からスタートいたしました。

今後、選考基準を丁寧に組み上げながら、臨床医の歯科大学留学奨学金も運営して行く予定です。

 

個人的理由

私が留学を開始した2013年は、アベノミクスにより為替が大きく変動した時代でした。資産の目減りにより資金不足に陥り、授業料が払えなくなりかけた時、Nozawa Scholarshipという奨学金(LAで家電流通ビジネスで成功された野沢御夫妻の寄付によりできた日本人の私費留学生を対象とした奨学金)をいただき卒業することができました。(その時のストーリー

その時に、少なくともこの数倍を個人として社会に還元することを決めました。卒業して数年が経過し、私自身道半ばの未熟者ではありますが、向こう3年間、年に一人、Nozawa Scholarshipと同額であればと思い、WHITE CROSS共同創業者の田代と共に設立しました。

基金を続けられるように生きていくことはまた、私自身への良いモチベーションにもなります。

志のある歯科医療人の皆さんに、ぜひ留学に挑戦してもらいたいと願っています。

留学基金ホームページへはこちらから

 

* 歯科大学留学奨学金について、WHITE CROSS留学基金のホームページで 「対象基準は検討中です。決定後に当ページにて情報更新をいたします。決定前のお問い合わせには対応いたしかねますので、お控えいただけますと幸いです。」と記載していたのですが、複数の問い合わせをいただきました。お問い合わせに対応しないという行為は礼節を欠き本望ではないため、一旦ホームページ上では非表示とさせていただいております。何卒ご了承ください。

世界で最も恵まれた環境で、起業家人生を歩んでいること

歯科医師の多くが、意識はしていなくてもU.S. Newsが毎年だしている「米国ベストジョブ ランキング」などの情報をしっています。

そのU.S. News において、日本とスイスが世界のベストカントリーに選ばれ、起業環境においても日本が世界1位という記事がでました。

U.S. News _ Switzerland and Japan Are the World’s Best Countries

U.S. News _ Entrepreneurship

ちなみに、起業環境で第2位がドイツ、第3位が米国とのことです。

米国で経営学を学び、東京で起業した私としては、「まっ、そうかもな・・・。」と思います。起業環境について、実際にゴリゴリのベンチャーファイナンスを経験してきた身として、文書や署名がデジタル化されていったらもっと効率よくなるな・・・とか思う事もありますが、全体として非常に整ったベンチャーエコシステムができあがってきているのではないでしょうか。

日本を過剰に賛美するつもりもありませんし、そんなはずはないと卑下する気もありません。ただ、自分の国が認められる事は、国民として嬉しく誇らしいことです。

 

日本は社会全体がなんとなく自信を失っているように感じる時があります。ただ、明治維新以降、常にもがいて苦しんで成長してきたのがこの国です。我々は、我々の世代特有の課題に向き合っていくだけのことです。

 

たった一つの切り口かもしれませんが、「世界のベストカントリーで、世界でもっとも恵まれた起業環境において、起業家人生を歩んでいること。」

この事実は、私に幸運感と責任感を与えてくれます。

 

「自らの1日の怠惰が、歯科医療を通じた日本国の発展を1日遅らせている」というとおこがましいかもしれませんが、そういう思いで日々を過ごしています。

 

自分の置かれた環境に感謝をする、嬉しいニュースでした。

2018年 仕事納め

WHITE CROSSの仕事納めは12月28日でした。そして、私は今日オフィスにて1 人で最後の仕事をしておりました。

明日から帰郷し、歯界展望の最終回の執筆をすると、今年は終わります。私にとっての2018年は、妥協のない1年でした。そして人生において強烈な記憶に残るであろう1年でした。

副社長の田代に、「今年と来年を1文字で表したら?」と聞くと、「友と戦」とのことでした。私が「走と希」でしたので、社員が増えていく中で、「戦友と走った2018年を越えて、希望を持って戦う2019年へ」というところでしょうか。

社員の増加に伴い来年2月から、オフィスを表参道から外苑前に移します。

003

WHITE CROSSは兎に角、離職率が低いベンチャーです。2年半前に1名退職して以降、誰一人退職者が出ておらず、離職率は10%をきっています。

私は、”人は城、人は石垣、人は堀”と信じています。ベンチャーが生き残るためには兎に角、”人”です。社員の一人一人が、私にとって本当に大切な仲間です。

3年間、歩き慣れたオフィスまでの道もあと僅かです。

 

002

昨日、事業部長の北野とランチミーティングをしながら、「ここまでくると後に引けない。」という話をしていましたが、正直、社会人になって以降、後に引けるような人生は歩んできませんでした。・・・というより、後に引けるような人生を歩んでいる人はいません。時間は平等に淡々と前向きにだけ流れているため日々、微力を尽くす以外ありません。

2019年が楽しみです。来年の終わりに私は何を思うのでしょうか。早く知りたくもありますが、死に急ぐつもりもないので、2019年も淡々と流れていく時間を苦しみながら喜びを求めて行こうと思います。

 

皆様にとっての2018年が素晴らしいものであったことを心より願っております。そして来る2019年が、皆様にとってより素晴らしく、歯科医療界の日本社会における大きな貢献につながる一年になることを心より願っております。

2018年、誠にありがとうございました。

Israel Japan Young Leadership Program Reunion

もう1年半以上前の話ですが、2017年の3月から4月にかけて、イスラエルに行っておりました。

トップの写真は死海で、対岸にはヨルダンが見えています。

イスラエル国費招聘リーダーシップというプログラムで、日本とイスラエルの若手人材の交流を通じて国家レベルで理解を深め合うことを目的としたものでした。

同プログラムのもと、3年間をかけて30回近い親善団が日本からイスラエルに招聘され、学府・大企業・スタートアップなど様々な分野から300名をこえる日本人がその歴史、文化、経済などに触れています。

そして先週、そのリユニオンがイスラエル大使館主催で開催されました。

02

小規模な立食パーティーを想像していたのですが、参加してみると大きな会場を借り切っての盛大なものでした。

国家戦略として0 to 1を得意とするスタートアップエコシステムを作り上げてきたイスラエルは同様のプログラムを通じて、1 to 100を得意とする米国、中国などからも人材を招聘しており、現在では年間で$6Bもの外貨投資の引き入れに繋がってきているとのことでした。

01

苦難を伴った建国から、現在の繁栄に繋げてきたイスラエルの小国としての成長戦略には目をみはるものがあります。イスラエル、あるいはスイスやシンガポール、エストニアなどの小国の戦略をそのまま日本の戦略に反映させることは難しいのは確かです。ただ、その戦略を医療の中の歯科医療に置き換えてみると、1診療科としてその社会的価値を高めていくために取るべき戦略のヒントが見えてきます。

 

イスラエルに滞在中、

05

歴史と宗教の中心であるエルサレムでは、嘆きの壁を訪れ、

08

キリストの足跡を辿り、聖墳墓教会にも訪れました。

09

イスラエル建国のきっかけの一つであり、人類の負の歴史を残すホロコースト記念館にも訪れ、言葉を失いました。その時代の有り様を目の当たりにすると、平和な時代に、安全な社会で生きていられること自体が幸せなことだと実感させられます。

11

経済の中心であるテルアビブ郊外の世界的な学府であるWiseman Institute of Scienceでは、ITの世界のレジェントであるRSA暗号通信の開発者であるアディ・シャミア教授から、直に講義を受けることができました。

これは、ジェフ=ベゾスから起業について教えてもらえるくらい。あるいは、C.ロナウドからサッカーのシュートを教えてもらえるくらい、私のようなIT起業家にとってはささる経験でした。

03

また、テルアビブでは、GoogleのAI開発者からAIについて学ばせていただきました。

06

こちらは、イスラエル独立宣言が行われたテルアビブ美術館です。

12

10

イスラエル政府高官の方々や、スタートアップエコシステムに身を置く方々との交流を通じて、イスラエルの歴史、経済、文化、そして教育について深く学ばせていただきました。当時の私は、起業家として負の思考サイクルにとらわれていました。日常環境から切り離され、人としても起業家としても、素晴らしく質の高い学びを与えていただけた1週間でした。

同行させていただいた12名の親善団のメンバーは、今では定期的に集まる大切な仲間になっています。旅を通じて起業家として苦しんでいた私を叱咤激励し、道を示してくださった田中道昭団長。商社に大企業、ベンチャー起業家と様々なバックグランドを持ち、それぞれの分野での才能に溢れた仲間達に恵まれたのも学びの質を高めてくれた大きな要因でした。

 

その1年半後、

job1

素晴らしい社員達に恵まれ、楽しく元気にやっています。

あの1週間がなければ、今の私はないな・・・と素直に思える時間でした。リユニオンを通じて、初心に立ち返ることができました。