MBA受験は、猛ダッシュ状態でマラソンをする様なものです。

目指そう・・・と思ったのが、2009年12月でした。

当時、私は自分自身のCareer に迷っていました。そんな時にたまたま知り合い、それ以降、私の相談に幾度となく乗ってくださっている某投資ファンドの日本代表の方が、たまたまMIT Sloan出身でした。

「今の道を極めるか・・・それとも、軸足をかえてでも挑戦するか・・・」

結局、挑戦を選んだ結果が今という事です。まっ、私の性格上、常に何かに挑戦していないと気が済まないってのもあります。

1st round で
① Wharton
② UCB Haas
③ Kellogg
④ Chicago Booth
⑤ UCLA Anderson
⑥ Texas

に出願します。①~⑤は、既に全て完成し、dead lineに合わせて順次出願するのみです。

ところが、ここに来て、現在製作中の⑥Texasに苦戦しています。ここのエッセイ課題・・・どうにも、書きにくいな・・・

10月の第2週から渡米してキャンパスビジット(一週間で、シカゴ/LA/サンフランシスコの弾丸トラベルです)を予定しています。慣れないアメリカでの一人旅ですので・・・準備をしっかりしとかないと。

今はまだ、気が抜けません。圧倒的努力をして、結果がともなわなかった経験はあります。それでも、今回は合格を勝ち取って、その先を見たい・・・と思っています。先を見たいという思いが、「目標を諦めるより、努力し続ける事の方がよっぽど楽」という今の自分を作っています。

自分の行きたいBusiness Schoolが、私の人生の最後の母校になるように、最大限の努力をして行きます。

別の話にはなりますが、土曜日に、思い切って前から欲しかったRimowaの黒のスーツケースを購入しました。これから先の人生で、このスーツケースでどれだけいろんな所に行くのだろうな・・・って考えるとBusiness School が与えてくれる世界の広がりに期待が高まります。最近、注目を浴び始めているエアロコンセプトの鞄も、私の感性に合うので欲しかったのですが・・・それは、今すぐ買うべき物ではないので、将来にとっておきます。

またまた、別の話になりますが、最近、私の周りの友人や同僚達の 結婚・ちびちゃん誕生 のラッシュが来ています。本当に、嬉しい幸せな報告が続きます。

私は・・・今はまだ夢の途中なので・・・今は、人の幸せを一緒に祝っている立場でいます。そのうち、自分の事を考え始めるのかもな・・・とか。

自分を客観視した時には、「30越えたんだから、少しは焦れよ」って思いますけど、今は恋愛より挑戦の日々です。

さてと、そろそろTEXASのエッセイに戻ります。