今日は、何とChicagoのダウンタウンからブログを書いています。最初に断っておきたいのが、私の使用しているデジカメのメモリーがXDな上、マルチドライバーをマンションに忘れてきたせいで・・・文字だけのキャンパスビジット記です。(ごめんなさい。日本に帰ってから写真を後編集で埋め込むかもです)

今回のビジットは、宿泊先から航空券の手配まで、全部自分でやったので、準備にアプリケーション0.5校分位のエネルギーをさいて・・・結構大変でした!

日本時間、6日(土)の渡米前直前、すましておかないといけない仕事を一気に詰めました。部分的に、予定より質が落ちてしまい・・・できあがったへなちょこ資料を見た部長の「今一つやな。なんかあったか?」と聞かれて「キャンパスビジットです」と答えたところ、「遠足前の小学生かい?」って笑われました・・・言いかえせません。

その後、夜中の3時半までかけて荷造りを行い、7日(日)7:50 中部国際空港 → 11:00 成田 → 現地時間7日(日)8:50 Chicago O’Hare International airport というスケジュールです。
国際線に乗って思うこと・・・必ずファーストクラスに無理せず乗れる人になってやるって事です。今回は当然のようにエコノミークラスだったのですが・・・10時間オーバーのフライトになると、やはり狭苦しい&寝苦しい&飯がまずいです。

すぐ近くの席で、ベイビーちゃんがピーピー泣いていて・・・うるさくて、寝れんけどかわいいからしかたないですね。

自分が一番しんどいはずのお母さんが、周りに申し訳ないって顔してベイビーちゃんをあやしているのを見ると・・・いらっともできません。

とか何とか、優しいことを考えながら、寝不足のまま現地時間、7日(日)8:30にChicago O’Hare空港に到着しました。
・・・寝不足なうえで、時差の都合でこれから一日が始まる・・・俺大丈夫か?とか思いながら、小一時間CTAトレインのブルーラインに乗って、Chicagoダウンタウンに到着しました。これが安いです!! $4弱で移動できるのですから・・・cabはバカらしくて使ってられません。
本日宿泊予定のHostelling International-Chicago(ユースホステル)でスーツケースを預けて、観光に行く予定だったのですが・・・無理でした。スーツケースを預けて、少し休憩でエントランスのソファーに座った直後から、1時間半程度意識がぶっ飛びました。そりゃそうです・・・合間にちょいちょい寝てるとは言え、40時間近くおきてたわけです。
目がさめると、かなりすっきりしましたので、16:00からのChicago Boothの在校生の方との待ち合わせの時間まで、Chicagoの街並み散策です。
前から行きたかったChicago美術館に行ってきました。流石は全米3本の指に入る美術館です。世界の地域別にフロアーわけされていていて素敵でした。ただ何となくですが、エジプトのカイロ美術館(専門特化型)や、パリのルーブル美術館(果てしなく深く広く)と比較すると・・・ほどほどに広くほどほどに深くな感じがしてしまいました。まっ、これは個人の感性次第でしょう。素晴らしい美術館で有ることに変わりはないさ。アメリカン・アートのコーナーは秀逸でした。

美術館以上に素晴らしかったのが、Chicagoの街並み。一つ一つの建築物が、近代的で荘厳かつ美しい。それらの形成する摩天楼は、パリの華やかかつ美しい街並みともまた一つ違い・・・結果、建築物とか大好きな私は空をきょろきょろ見ながら歩いていました。

 

街の空気は、大学生時代を過ごした仙台に少し似ているかも・・・都会だけど、どこか落ち着きと品が感じられて、学際都市の雰囲気もあります。あまりの居心地の良さに、初めての町にも関わらず、緊張感ゼロでふらふらしていました。
今日は、シカゴマラソンだったのかな・・・ランナーの格好をしてメダルを首にかけている人がいっぱいいます。
16:00 Chicago Booth Gleacher Centerにて、3名の方々と在校生の方々にお話を聞かせていただきました。私は、1RDで既にBoothにはApply終了していますので、interview 準備のために、より深い情報を得ることが目的でした。

3名の方々、それぞれ素晴らしい経歴方々でした。私の希望する分野(アントレ・ファイナンス)それぞれに素晴らしい情報を下さいました。Boothのflexibilityをどのように活かして2年間を過ごしていくか・・・あるいは、如何に今まさにChicagoがアントレに強い町になろうとしているか・・・など、ここの部分については書ききれない程の情報をいただきました。現段階では、あまり踏み込んで書かずに、数校見てみて比較対象ができたうえで・・・ブログに書こうかな・・・と思います。

 

その後一人で、全米で1番高く、世界で5番目に高いWillis Tower(520m) にのぼってきました。足元がアクリルで、空中に浮いているような展望台が売りのタワーですが、人が多すぎて、今一つ怖くなかったです。

 

国民性の違いなのかな・・・皆が入りたがっている、アクリルのフロアを○○人とおぼしき3人組(非常識な日本人旅行者もいないはずはないので・・・ここは特定はしません)が占拠して、寝転んだり座ったり・・・いろんな写真をとっていました。日本人の感覚では、後ろが詰まっていたら、気を遣って急いでしまうのですが・・・納得いく写真が取れるまで、詰まっている人達の事は全く意に介せずに楽しんでいました。

私は、新しい街に行くと、その街で一番高い建物に上る事にしています。心の視座を高く持つ事も大切なのですが、実際の視点を高くするのも気持ちいいです。
その後、セブンイレブンで食事を購入して、ユースホステルに戻ってブログをアップしています。同じ部屋だった、シカゴマラソンに参加していたアメリカ人が「凄く準備して取ったメダルなんだよ!」って凄く嬉しそうに話してました。一日見てて思ったのが、アメリカ人って、自分の努力の結果として手に入れたメダルは、誇らしげ堂々と身につけて、街をうろうろするらしい。それっていいなって思います。たまに通りがかりの人が、「メダルみせて!」って話しかけて、一緒になって逸話を楽しんでいるのを見ると・・・ここは日本も見習うべきかな。日本で、同じことをやるとひけらかしとして受け止められかねません。

ユースホステル自体は、セキュリティーも良いし、これで一泊$30なら文句はないね。Chicago visitされるかたにはお薦めです。

さて、明日は、Chicago Booth のvisit後、エバンストンへまで移動です。昨日今日の疲れをいやさないと・・・ということで、この辺で寝ます。