当然、言葉の壁はあります。

しかし、Business School において自分を表現する際に、language barrier/International/Native Speakerといった言語に関する言葉は、他人と比較して自分に何かができない際の居心地よい逃げ場所になります。

ということで、これらの言葉を今後使用しないことにしました。