今週も、Marketingのレポートで半徹夜をしたり、友人達と一緒に米国で日本食品の流通を取り扱っている会社のCEOにお会いして、日本酒のdistributionについてヒアリングをさせて頂いたりと・・・いつも通り足早に過ぎていきました。

最近、Michaelと一緒に過ごす事が多くなってきています。今日も、二人で夕食に出かけた後、私の部屋で色々話をしていました。これまでの人生において、私が親友になっていく人達は例外なく”いい人”ばかりです。

お酒をそれほど好まない事とか、Club遊びより穏やかに深い話を楽しんでいたいタイプである事とか・・・Michaelとは基本スタンスが近いので一緒にいて楽です。(まっ、私自身は、元職場の飲み会でどえらい騒ぐ時がありましたので・・・一概にそうとも言い切れない側面もありますが(笑))それでいて、UCLAの学生会のプレジデント(Andersonのではなく大学全体のです。この勇気は本当に凄いと思う)に立候補する所とか、起業家としての成功を本気で目指している所とか・・・エネルギーの割き方がピンポイントでintensiveなのも共感できます。プレジデントにふさわしいと思えるMichaelが立候補する以上、何か私にできる事があればサポートする旨を伝えたところ、立候補を決めた時にMichaelの中で、既に私はカウントされていたようでした(笑)

 

言葉や人種の違いには全くとらわれない生き方をしているつもりですが、格好をつけないで正直言うなら、ここ最近までやはりある程度の文化や言葉を共有している人と接している方が楽だな・・・と思っていました。

ところが最近、その感覚がなくなってきています。Michaelをはじめ、ランチを良く一緒に食べていてるClifftonやJason、いつも勉強で助けてくれている韓国人のJunや同じApartment Structureに住んでいて兄妹みたく接していられるSue達と出会った事で、言語/文化に関係なく親しくなれる”いい人達”っていて、それは日本人の親友達と同じくずっと付き合っていけるんだな・・・と思えるようになってきました。

 

後500日もしないうちに、Andersonでの素晴らしい日々も終わり、次の”最高”を見つけて走らなければいけません。枠にとらわれない生き方をしている以上リスクはありますが、自分の人生を使ってFinal Fantasyを楽しんでいるようです。私自身、目標に向けて”熱く”あり続けたいと願います。

最近、私のブログを読んでくださっている方々とお会いする機会がありました。このブログを通じて、勉強漬けだけど素晴らしいビジネススクールでの日々やUCLA Andersonの素晴らしさが伝わっている事を知ることでき嬉しく思います。

 

などなど・・・週末にふと思った事でした。