日本において、”よく米国の歯科では・・・”という話を耳にします。しかし、過去10年以上にわたり、私は米国の歯科医療市場についての網羅的なレポートを見た事がありませんでした。それは、米国に来ても同様で、日本で手に入るよりも深い情報が得らる資料は手に入りますが、網羅的と言える物はありませんでした。

したがって、ビジネススクール在学中に出来る事として、この春学期、親しくさせて頂いているマービン教授にインストラクターをお願いをして課題を自分で設定して取り組むという特殊なコースを選択し、米国の歯科医療市場についての網羅的なマーケットレポートを書き上げてきました。

「まさか、日本人歯医者さんのレポートをビジネススクールの教授としてみることになるとはね。」との事でした。

日本において、実態が分からないまま何となく凄いかのように語られがちな米国歯科医療市場について、深くひもといてみると非常に面白い発見が多々ありました。これ以降に投稿される記事は、私がマービン教授に提出したレポートの一部をそのままコピー&ペーストしたものです。従って英文となりますが、いずれ時間があれば日本語に翻訳する可能性があります。

注意点としましては、これらは日本市場と米国市場の比較レポートではなく、純粋に米国市場を俯瞰する目的で単視点にて描いたものです。したがって、合理的に体系化された米国歯科医療教育のより深い詳細、あるいはその体系化された医療教育を通じて、特に専門医過程において自然に身に付くであろう歯科医師のプロフェッショナリズムなどについては割愛しております。それらについてはより深い理解を得られた後に、より描きやすい日米の比較対象論にて記載するかも知れません。あるいは、私が観察者としてそれを論じるに足る水準に至らない場合は、記載はいたしません。

 

尚、これらの投稿記事は、学位論文ではありません。

① IBIS World Industry Report など様々なマーケットレポート
② 過去2年間にわたり、私個人が行ってきた米国で働く日本人歯科医師/米国人歯科医師/歯科医療法人へのインタビュー
③ American Dental Association などの米国歯科医療の関連機関が発信する情報
④ 米国労働省による統計
⑤ 医療系ウェブサイト/職業統計など

などを元に、得られた情報を整理しつなぎ合わせてきたものである点、ご了承ください。