今日のMarket Entry Strategy の授業では、Anderson の卒業生(Class of 1995?らへん)のT.K.PillanをGuest Speakerに招いて、彼のヘルシーなファストフード=フランチャイズビジネスについて、話を聞かせて頂きました。

学部でMITを卒業したプログラマーのPillanが、AndersonでMBAを取得中にネットビジネスを立ち上げ、数年後売却。その後、全く畑違いの外食産業に進出し、現在、南カルフォルニアを中心に数十店舗にまで拡大したとの事です。

Prof. Marvin の最後の質問、「貴方がMBAで学べなかった事はなんですか?」へのPillanの回答は以下の通りでした。

「それは、セールスですね。戦略論やオペレーションや会計学は、起業の際に役立ちます。ただ、ビジネスは自分たちの商品/サービスを販売して初めて成り立ちます。その最初の1歩が経験のない私には難しかったです。これだけは、MBAでは得られませんでした。」

言われると、確かにという回答です。