なんという鮮烈な1年だったのか・・・年の瀬を迎えて、そう思います。2015年は、全く悔いのない1年でした。

WHITE CROSSは昨日、私は本日が仕事納めで、今晩遅くにUCLA時代からの親友のミケが東京に到着します。

 

帰国してわずか半年の中で多くの素晴らしい歯科医師の先生方・関連業種の皆様・投資家の方々とお会いさせていただき、自分が如何に歯科医療に対して強い愛情があったのかを再認識させられました。人とお会いさせて頂くたびに、「また一人、感謝しなければいけない人が増えましたね。」と社内でよく話をしています。

 

「医療の質を高め、人々の健康を高め、歯科医療の社会的価値を高まる」というWHITE CROSSのミッションは、幸運にも社内外問わず多くの方々に御共感・御助力頂け、私達のビジョンへの第一歩が徐々に形になってきています。その意味を履き違えないように、無駄な華々しさをまとうことなく、質実剛健な会社として成長させていきます。

 

今年私が得たものの中で大きかったものの一つは社員達です。一人一人にはっきりとした目的・キャラクター・能力があり、多少の衝突があってもチームとしての強い力があります。今のメンバー誰一人かけても、立ち行かなくなります。

 

起業とはこれほどまでに生きているという実感や意味を教えてくれることだったのかと驚かされています。

 

間借りしているオフィスの風景 手前4席がWHITE CROSS

IMG_0139

 

IMG_0131

 

来年は、WHITE CROSSにとって本当の意味で勝負の年になります。最大限の夢を描き、歯科医療の持つ可能性を信じ、経営学の力を活かし・・・歯科医療の社会的価値を高めていきます。

 

素晴らしい1年をありがとうございました。来年もまたよろしくお願いいたします。皆様にとって素晴らしい年の瀬となることを心よりお祈りしております。良いお年を過ごされてください!