9月に入りましたね。

起業して以降、よく、「華やかそうでいいですね。」 とお言葉をもらうことがあるのですが、実際の起業とはすごく地味です。

毎日朝起きて、すぐに仕事を始め、空腹に気づいては食事をとり、夜眠くなるまで仕事をしています。対外的に華やかに見える瞬間は一瞬で、ほどんどの時間を、地道で丁寧な作業を淡々とこなしています。

普通だと気が滅入るようなことでも、淡々とこなせるのは、その先に生まれるであろう社会的価値や、仕事をしている1分1分がビジョンに近づけてくれているという感覚です。

MBA起業家の友人の一人が、「あれだけ時間とお金を投資して、睡眠時間削って勉強して・・・卒後にGSとかBCGとかGoolgeとか行かずに、安給料でエンドレスで仕事して・・・それですごく楽しいと思えます。」といっていました。

その通りですね。他の生き方を知らないので、なんとも言えませんが、すごく地味な毎日が楽しくて仕方ありません。