ふと気づくと、WHITE CROSSは創業から1年を超えていました。去年の今、LAでビジネススクールの卒業まで1月を切り、留学中だからできる経験を楽しんでいた時期でした。とにかく1日も早く帰国してWHITE CROSSに集中したいという焦りにかられていました。

帰国し、本格的に起業家として生きると、1日として同じ日はありません。自分自身の1日の甘えや怠惰が会社の1日の遅れにつながり、それがWHITE CROSSを通じて作り上げたい社会の1日の遅れにつながるような気がして、気づけば帰国後はひたすら働き続けています。

面白いことに20代半ば・後半より、30代半ばの今の方が仕事に対して疲れを感じません。ご多分にもれず、起業家が直面する孤独感や気が滅入ることを嫌という程経験しましたが、それも含めて、生きているという強い実感があり楽しさとして受け止めています。多分、これから先も様々な経験をすることになるでしょうが、それらを全て受け止める覚悟はあるのでなんとかします。

MBA留学を通じて自分が日本の歯科医療に対してこれほどまでのパッションと愛情を持てるようになったことを幸せに思います。そういう理屈では得られない自分を突き動かす感覚を持ち歩んでいる日々を、宝クジにあたることより幸運に思います。また、様々な先生方・歯科関係者の方々にお会いさせていただくたびに、歯科界にはこれほどまでに素晴らしい人達がいるのかと嬉しくなります。

昨日、CCOの田代とWHITE CROSSの理念の見直しを行いました。今ホームページに掲げられている理念は会社設立前、2014年の夏に田代と二人で考えたものなのですが、WHITE CROSSがその実態を伴ってくる過程で作り直す必要性を感じてきました。

ということで、仕事を早めに切り上げ昔の理念を作り上げた喫茶店と同じ喫茶店にこもり、田代と二人、コーヒー1杯で考えを深め、言葉を結晶化させていきました。

 

MISSION

医療の質を高め、人々の健康を高め、歯科医療の社会的価値を高める。

VISION

ITの力を活かし、情報のハブとして、歯科医療人を支援する。

VALUE 

我々は、真摯さを最重視する。

我々は、結果を求め続ける挑戦者である。

我々は、信頼で結ばれたプロフェッショナル集団である。

 

これがMISSIONのみをそのままにリバイズされた新しい理念です。この新しい理念の1語1語に、これまでお力添えくださった方々の顔や、WHITE CROSSのサービスの一つ一つ、作り上げたい社会が思い浮かびます。また新しいVALUE は、今後、WHITE CROSSが会社として求める人材像でもあります。

真摯さやひたむきな真面目さなどは、地味でとてもカッコ良いものではないかもしれませんが、一番大切なものです。WHITE CROSSは、そのあり方において真摯さを最重視します。

私自身、とてもできたものではないですが、そうありたいと願います。質実剛健に、WHITE CROSSを成長させていきます。

 

WHITE CROSS 代表取締役 赤司征大