004

WHITE CROSS University

先日WHITE CROSS University #1が開催されました。一言で言うと、社員向けのセミナーです。10人程度の規模からこういう取り組みを始めるのは珍しいことかもしれませんが、社員自身が、あるいは社外から講師を招いての月1回の勉強会です。

今回は、ファイナンスのプロをお招きし、WHITE CROSSのメンバーとして、これから成長していく上で知っておいて欲しいベンチャーファイナンスの知識について講義をしていただきました。全員にとって学びのある素晴らしい内容でした。次回は、人材事業部長の北野より、d.Styleの戦略/ポジショニングなどについての講義をしてもらいます。

 

私のキャリアは、歯科医療の臨床現場から始まりました。その現場経験から、組織を成長させるには「人は城、人は石垣、人は堀」。そして、長い時間の中で賽の河原の石積みのように思える時があったとしても「Management, Management, and Management」だと考えています。それは、私自身が前職でマネジメント層に上がろうと、ビジネススクールに行こうと変わることはありませんでした。起業して以降は、一人二役三役が当たり前の日々の中で、今まで以上に “人財” を重視するようになりました。

 

WHITE CROSSが社員に求めるのは、入社時点での仕事力以上に、企業文化へのフィットと真摯さです。WHITE CROSSのValue は「我々は、真摯さを最重視する」です。その“真摯さ”を欠く場合は難しい企業文化を意識的に作りあげようとしています。

人財に関わる嬉しいニュースとして、9月よりCTOの後藤がジョインします。開発者としての豊富な経験と優秀さ。そして、素晴らしい人柄ですでに社内での厚い信頼を得ています。後藤もまたWHITE CROSSの理念や質実剛健を旨とするあり方に時間をかけて共感し、ジョインしてくれました。また一人、一緒に夢を追いかける仲間が増えました。これにより、これまでプロマネもこなしていた副代表の田代は、COO業務に集中することになります。信頼できるチームが出来上がってきています。

 

この3年間、私は社員に私の部下になって欲しいと思ったことは一度としてありません。新しいメンバーには皆、「パートナーのつもりで入社してください。」と伝えています。既婚者が多く落ち着いた空気感で、ベンチャーっぽくないベンチャーと言われることが多いWHITE CROSSですが、他産業において卓越した仕事力を身につけてきたメンバーや、ビリビリした環境での成長を求めるメンバーが集まってくれています。「歯科医療への深いinsight × Business Professional」という、起業当初に描いた組織コンセプトが、徐々に具現化されようとしています。

それゆえに、組織の拡大に伴い、私を含め自分よりそのポジションにふさわしい人材がいれば降格する覚悟、その逆に責任を負う覚悟を、一人一人に持って欲しいと願います。実際に、組織の拡大に伴い発生する役職を引き受けてもらう際に、自分への責任としてその覚悟を口にするメンバーもいます。

私に引導を渡すことを目標としてくれている若手もいて、「是非、そう育って欲しい。」と心の底から思います。

 

同じ目標に向かって、信頼できる仲間と真剣に働けることの楽しさや厳しさには、本当に経験した人にしか分からない素晴らしさがあると感じています。

日々、真摯に、どれだけ微力を尽くすか。その積み重ねが全てです。

投稿者:

赤司 征大 |Masahiro Akashi

赤司 征大 |Masahiro Akashi

WHITE CROSS株式会社 代表取締役社長  歯科医師/MBA